NEW 4!

ここ数日の間に4種のコーヒーがニューリリースとなりました。

迷わせてしまいますが色々試してほしいですね、少しづつ紹介します。

・El Salvador Finca Santa Elena
102781643

2015年4月、中米・エルサルバドルにて買い付けたロットになります。

コアテペケ湖を望むサンタアナ火山の麓、約60年前にリマファミリーによりはじめられたサンタエレナ農園。同農園は2006年のサンタアナ火山の大噴火による降灰で甚大な被害を受けました。しかし、降灰により地中に豊富な養分を蓄えることができ、新しく有機栽培の農園として生まれ変わりました。
過去カップオブエクセレンスにおいて7回の入賞、2014年にはレインフォレストアライアンスの中米カリブのベスト10農園に選ばれるなど中南米屈指の有機農園となりました。また特筆すべきは、古いコーヒーの木の多い農園ということです。若い木の方が良いという生産者が殆どな中(生産量がどうしても落ちてくることによる部分があると思います)、リマさんは古い木のほうがテイストにおいては優れていると言い、これを大事に良く手入れされています。ワインにおけるぶどう栽培と同じような考え方をされていると思います。

DSC02554
農園から、良い眺めです。

農園主:Fernando Lima
農園名 : Santa Elena
生産地域:Palo de Campana, Santa Ana
生産国:El Salvador
標高:1,500m-1,800m
品種:Bourbon, Pacas, Caturra
生産処理方法:Fully Washed

フレーバープロファイル:Caramel, Milk chocolate, Mandarin orange, Brown sugar, Velvety, Sweet body, Sophisticated

甘く滑らかな口当たりが素晴らしく温州みかんのような柔らかい果実感のニュアンス、ハニーナッツ、ブラウンシュガーのような優しい甘さが広がります。洗練された上質さ、飲み心地の良さを実感でできるコーヒーです。そしてこれらは有機栽培や古木が多い事と無関係ではないと思えます。

・El Salvador Finca San Cayetano Pacamara
kore

同じく2015年4月エルサルバドルでの買付けロットですが生産エリアや農園主、品種が異なります。

中米のエルサルバドル、アパネカ-イラマテペック山系に位置、ラファエル・シルヴァさん一家が所有する7ha程の小さな農園ですが、ブルボン種が主体でパカマラ種は僅かな生産に限られています。
パカマラ種の当店での取扱いは久々ですね、大粒でエキゾチックな風味があり人気です。グァテマラのインヘルト農園で一躍有名になりましたが、パカマラ種の生まれ故郷はエルサルバドル、本家の味!?を楽しんで頂きたいです。

特筆すべきは生産者SiCafeのプロセスの丁寧さ。熟度が高く、クリーンな味わいを裏切る事がありません。また、農園主ラファエルさんは常に環境への配慮し、日々精選プロセスの向上を試みています。例えば、コーヒー果肉は全量ミミズコンポストに再利用されています。ここで育ったミミズは畑を耕すのに用いられるというサイクルです。

IMG_1994_2
パカマラ種の木

生産者:SiCafe(Rafael Silva)
生産地域:Apaneca, Ahuachapan
品種:Pacamara
標高:1,400m
生産処理方法:Washed
フレーバープロファイル : Floral, Grape, Pineapple, Cacao, Rich body, Long lasting

フローラルな印象から、グレープやパイナップルなどのフルーツの印象に続きます。しっかりとした酸の印象と共にボリュームのある甘さがあり良いバランスです。

・Mexico Pante Suspiro, Finca Santa Teresa “ROASTY”
capimseco6

メキシコはチアパス州コンコルディア集落に位置するサンタテレサ農園、集落の奥まった標高の高い所に位置し、背後には標高2,250mの山があり、そこから流れてくる潤沢な水に恵まれています。
この農園は300haの土地がある比較的大きな規模の農園ですが、この内コーヒーが植えられているのが120ha、これ以外の場所は自然林が保護されています。この自然が農園内の動植物のバランスを保つ役割を果たしています。

“Pante” とはエリアの意味、従来より12のエリアに分かれていた同農園、各エリアのポテンシャルを見るため、昨年初めてエリア毎に収穫し、一番テイストにおいて優れていたのがこの “Pante Suspiro” です。

*この農園では完全完熟チェリーだけを摘み取るように指導しています。このためメキシコのピッカーの平均賃金より5%高い賃金を払っています。

IMG_0292

区画:Suspiro
農園名:Santa Teresa
農園主:AMSA(Manager : Gerson Ortiz)
生産地域:Concordia, Chiapas
生産国:Mexico
標高:1,300~1,528m
品種:Mundo Novo, Pacas, Yellow Caturra
生産処理方法:Fully Washed
フレーバープロファイル:Floral, Chocolate, Caramel, Citrus, Cashew nut, Bright & Rich mouthfeel, Well balance

飲み口から後味まで一貫したチョコレート感にフローラルや柑橘の爽やかさが彩り重層的です。口当たりに厚みがあり、シンプルに美味しいと思わせるバランスの良さがあります。派手なフレーバーはありませんが毎日飽きずに楽しんで頂けるコーヒーです。

・Colombia Finca La Palma “Dark roast”
palma6

ウイラ県南部サンアグスティン市にある5ヘクタールの家族農園のマイクロロット。
サンアグスティン生まれのマルティニアーノ。父親もコーヒー農家で、幼い時からコーヒー栽培を身近に見ながら育ってきました。麻薬組織とコロンビア政府軍の内戦時には、家族を養うため、別の土地で暮らしていたこともありましたが、6年前に自然環境保護団体の協力もあり、譲り受けた土地へ戻ってきました。現在は妻と二人の子供と一緒に農園内に小さいながらも自分の家を建てて暮らしています。二人の子供たちは学校から帰ると父親を手伝って、将来のコーヒー生産者へと成長していき、何世代にもわたって受け継がれていくのです。

21258

農園名 : La Palma
生産者 : Martiano Ollos, Anatolia Ollos
生産国 : Colombia
位置 : Vereda la Argentina, San Agustin, Huila
標高 : 1,800m
農園面積 : 5ha
品種 : Bourbon, Caturra
生産処理 : Fully Washed

コロンビア、ウィラ地区の中でも伝統的な品種や土壌の残るエリア、綺麗な味わいの中にジャスミンのようなフローラル、ラズベリー、柑橘の香りが溢れています。

*本商品はダークローストです。
素材とローストにより、熟したベリーやキャラメルのような甘い香味、カカオ分の高いチョコレートのようなボディや後味に仕上がっています。深煎りにおいても大事なのは素材の力、ローストに負けない力強い個性を持ったコーヒーです。

Nicaragua Finca La Embajada Lote 402

2015年4月に農園を訪ねたニカラグア エンバハーダ農園より、COFFEE COUNTYのためだけの特別ロット[Lote 402]のリリースです。

IMG_6275相変わらず店名が間違っていますが…

IMG_4659

IMG_4662向かいの急激な斜面に見えるのもコーヒーの木です。

森の2013年の約3ヶ月の中米滞在の期間中、拠点とさせて頂いたのが同じニカラグア ヌエヴァ・セゴヴィア県にあるカサブランカ農園ですが、エンバハーダ農園はカサブランカ農園のオーナー、セルヒオさんが所有する3つの農園のうちの一つであり、その中で規模としては最も小さく、山深く、アクセスの大変な農園です。

IMG_4645

IMG_4644

以降、毎年欠かさず訪ねています。それは他にない素晴らしい風味、それを作り出すこの農園の環境、テロワール、生産者の人柄と情熱、培ってきた生産者との取り組み、信頼関係故です。今やどこをとってもコーヒーカウンティにとって欠かせない存在と言えます。

IMG_4680精悍な顔つきの2015年のセルヒオさん

IMG_46854月中旬でもまだ収穫中。

IMG_4670

IMG_4673

IMG_4668
カメラを向けられて少し微笑んでいます。

IMG_4682

IMG_4683

IMG_4678働き手たちの食をまかなう台所

同農園はニカラグアにおいて最も標高の高いエリアにあり、また今年収穫が遅れていたこともあり、訪問時には収穫がまだ行われていました。Lote 402 とは、小規模な同農園の中から、収穫日や栽培区画によって分けられた複数ロットの中から最も素晴らしいと思われるロットを選定したものです。プロセスはセルヒオさんオリジナルのメソッド[Double fermentation pulped natural]、甘さの余韻が一段と増します。

IMG_4627

IMG_4605収穫後のチェリーをパティオに山状に積み、日中水をかけながら約1日。高温・高湿を保ちチェリー内のミューシレージ発酵を促します。その後パルピング、タンク内で再度発酵後アフリカンベッドで乾燥します。

IMG_4615

Nicaragua Finca La Embajada Lote 402 200g

Nicaragua Finca La Embajada Lote 402 400g

ロット名:402
農園名:エンバハーダ
生産者:セルヒオ・ノエ・オルテス
生産地域:ニカラグア-ヌエヴァ・セゴヴィア-モソンテ
品種:レッドカトゥアイ
標高:1,600m~1,650m
生産処理方法:Double fermentation pulped natural
フレーバープロファイル : Floral, Manuka Honey, Raspberry, Blueberry, Caramel, Peach nectar, Creamy mouthfeel, Elegant, Long lasting sweet finish

ピーチネクターのような長く続く甘さの余韻がすばらしく、やはり私にとって1番の思い入れがある、と共に最も好きな味わいのコーヒーです、お試しください。

IMG_4619

JAVA

九州北部も梅雨入りしました、いかがおすごしでしょうか。

DSCF0257

DSCF0260

DSCF0297

DSCF0276

写真は先日ブルックリン食堂さんで行ったオープンカッピングの模様です。
[写真は参加者の方から頂きました、ありがとうございます]
継続して行って気軽にコーヒーの楽しさを知ってもらう機会を今後も作っていきたいと思います。

ではここでのコーヒーの楽しさとは何?
それぞれのコーヒーが持つユニークな風味です。当店はごく少量の買付け品も多いため、コーヒーのラインナップも入れ替わりが多く、紹介もなかなかきちんとできていませんが…。
南米はコロンビアのCup of Excellenceのロットもサッと無くなってしまいました。オーソドックスながらもやはりCOE、全体的に質の高さを感じさせた26位 San Sebastian、ユーカリやパセリなどのコメントが踊り、「こんなの初めて飲んだ!」と皆に言わせた4位 El Naranjo でした。ごく少量のロットもあるので店頭やWebを細めにチェックいただくと有り難いのですが、その時しかない味わいもまた楽しいものですね。

これらの後で今紹介しているのが、中米・ニカラグアから、お馴染みセルヒオさんのコーヒーです。が、ちょっと特別です。

・Nicaragua El Porvenir JAVA
90153543

当店と繋がりの最も深い生産者としてこれまでエンバハーダ農園、カサブランカ農園と紹介してきましたが、セルヒオさんが所有する3つの農園の一つ、エルポルベニール農園からは初めてのラインナップです。パッケージのモチーフにもしておりますが、農園はホンジュラスとの国境に位置します。あちら側はホンジュラス、こちら側はニカラグア、という具合で日本ではなかなか味わえない感覚です。

IMG_4729

IMG_4710
セルヒオさんの農園の中でも最も自然環境に近い農園だと感じます。

IMG_4734

今回は JAVA(ハワ)種という希少な品種の紹介です。

JAVA種…
1706年、インドネシア・ジャワ(JAVA)島からオランダ・アムステルダム農園に一本のコーヒーの樹が持ち込まれました。1700年初頭以降にオランダから世界に伝播することになったのがこの品種です。原種に非常に近いものとされています。

エルポルベニル農園では2010年に初めて植え、2013年はサンプル量程度の収穫、2014年にようやく出荷できる程の量となりましたが非常に少なくCOFFEE COUNTYのために特別に仕立てていただいたロットです。

DSC08404

IMG_4716
ハワ種の苗木

IMG_4724
2年目くらいでしょうか、節や葉が少ない独特のフォルムですね。結実も少なく、決して効率の良い品種ではありません、味は素晴らしいのですが。

農園名:エルポルベニル
生産者:セルヒオ・ノエ・オルテス
生産地域:ニカラグアーヌエヴァ・セゴヴィアーサンフェルナンド
品種:JAVA(ハワ)
標高:1,185m~1,300m
生産処理方法:Double fermentation pulped natural
フレーバープロファイル : White floral , Darjeeling tea , Muscat , Ginger , Sweet lemon , Sparkling wine , Silky , Elegant

ダージリンティー、マスカットやスパークリングワインのような上質な酸を持った素晴らしい透明感のコーヒーです。

・Nicaragua El Porvenir JAVA 200g

・Nicaragua El Porvenir JAVA 400g

やはり他とは一線を画した味わい、大変好評頂いてます。少量の入荷となっており既に半量程となっております、お早めにどうぞ。

IMG_4717
エルポルベニル農園の苗床。こちらはパカマラ種かな

IMG_4681
2015年のセルヒオさん

IMG_4738
農園を管理しているアリエル。こっちの人はカメラを向けるとキリッとした顔します、怒っているわけではありませんよ…

IMG_4709
ここでのお決まりフォトスポット?同行した ABOUT LIFE COFFEE BREWERS の安武君

今年の収穫分も楽しみですね!

Open Cupping on 5/30(sat)

ブログ、ご無沙汰していました、森です
IMG_5079

4月前半は中米のコーヒー産地(ホンジュラス、ニカラグア、エルサルバドル)、そしてつい最近までは甲信越、北関東、特に山梨ではワイナリーを回っていました。コーヒーとワインは関係無いようですが、同じ嗜好品の飲み物、共通する部分も多いと感じます。しっかりとした考え方を持った作り手に会い、味わい、大いに刺激を受けて帰ってきました。今後に活かせる収穫を沢山得てきたと思っています。

さて、ようやく出張も少し落ち着いてきたところで以前からの企画を実行に移せそうです。
オープンカッピングをはじめます。場所はブルックリン食堂さんにて(COFFEE COUNTYより徒歩1分)https://plus.google.com/102580219724762392781/about?gl=jp&hl=ja

IMG_5188
IMG_5200

ブルックリン食堂さんは今年の2月の開店以来コーヒーカウンティのシングルオリジン豆を常時3種類備え、適切な抽出により美味しいコーヒーを提供頂いています。「シングルオリジンコーヒーの魅力を気軽に楽しく知ってもらいたい!」というオーナーたっての希望でオープンカッピング開催に至りました。2週間に1度くらいのペースで週末に行っていく予定です。初回は5/30 の土曜日、10:00~11:00 入場無料です、お越し下さい。

IMG_5196

Open Cupping vol.1
2015.5.30(sat) 10:00~11:00
@BROOKLYN SHOKUDO
Admission Free

気軽にシングルオリジンコーヒーの魅力を楽しんでもらう機会であってセミナーではありませんが、カッピング(コーヒーのテイスティング)の手順に沿って行います。予約の必要はありませんが一連の流れがありますので、10:00までに入店いただければと思います。6種類程のコーヒーを飲み比べ頂けます。当日COFFEE COUNTYからは森が出向きます、コーヒーをより楽しんで頂くためのアドバイスを行えればと思います。

IMG_5203

先月回った中米の産地の話もろくにできておりません。コーヒーについては夏以降の入荷時に商品紹介の中でお伝えできればと思いますので今日は雑感を一つ。今回は随分と遠回りしてヨーロッパ経由で往来しました。日本に戻るまでに最後に立ち寄った空港、オランダ、アムステルダムのスキポール空港がとても良かったですね、洗練、かつわかりやすいデサインや配置、機能的で落ち着ける空間。それらが利用者にゆったりした表情をもたらしていました。また訪れたくなる空港でした。

IMG_5210

IMG_5214

IMG_5209

IMG_4943

ではまた近いうちに。

IMPERIAL de La Embajada Nicaragua

エンバハーダ農園より今期のニュークロップがようやくリリースとなりました。

コーヒーカウンティの看板とも言える農園ですが、昨年に引き続き、今年も3月下旬に訪れました。2013年の約3ヶ月の中米滞在の期間中、拠点とさせて頂いたのが同じニカラグア ヌエヴァ・セゴヴィア県にあるカサブランカ農園ですが、エンバハーダ農園はカサブランカ農園のオーナー、セルヒオさんが所有する3つの農園のうちの一つであり、その中で規模としては最も小さく、山深く、アクセスの大変な農園です。

DSC06008
上の写真のようにこれほどの急な斜面にコーヒーが栽培されている農園はそうありません。2013年訪問時の記事はコチラ

それにしても素晴らしい環境ですね。

DSC06005

生物多様性に満ちた森が存在し、静かな環境に野鳥の鳴き声が響き渡ります。農園に降り立った瞬間からこの農園は私たちに“特別”であると感じさせます。そしてこの特別な環境こそがが私たちを魅了してやまない味わいを作り出すものだと瞬時に理解させてくれます。

DSC06035

農園を案内してくれたのが、エンバハーダ農園の責任者Felipe(フェリペ)ですが、農園を回っている間、彼が藪の中にカラーの花を見つけ、刈り取った光景がずっと目に焼き付いていて、コーヒーカウンティのパッケージにあるロゴマークのモチーフとなっています。

DSC06029
IMG_1437
IMG_3268

繋がりの深いエンバハーダ農園ですが、今期は農園主セルヒオさんにお願いして、収穫日や栽培区画によって分けられた複数ロットの中から最も優れていると思われるロットを選定させてもらい、コーヒーカウンティのための特別なロットに仕立ててもらいました。

DSC06146
DSC06153
DSC06149
DSC06181

私(森)が選定した2ロット、いわばエンバハーダ農園のトップロットは農園主セルヒオさんに、それぞれ、インペリアル、ロスアンヘレスと名付けてもらいました。まずはインペリアルからのリリースとなります。

・IMPERIAL de La Embajada Nicaragua 200g

・IMPERIAL de La Embajada Nicaragua 400g

ロット名:インペリアル
農園名:エンバハーダ
生産者:セルヒオ・ノエ・オルテス
生産地域:ニカラグア−ヌエヴァ・セゴヴィア−モソンテ
品種:レッドカトゥアイ
標高:1,600m~1,650m
生産処理方法:フリーウォッシュト
フレーバープロファイル : Floral , Lemongrass , Red Apple , Cacao , Cranberry , Custard , Structure , Velvety , Fragrant

重いタイプのコーヒーでは無いのですが、昨年に増して味わいのボリューム感、 透明感、持続感が増しています。リンゴのような瑞々しい印象から、チョコレートというよりもローストしたてのカカオをかじった時のような風味、奥深い酸が印象的な味わいとなっています。是非お試しいただきたいです。

DSC06185

新入荷 続いて、エルサルバドル&エチオピア

先日、グァテマラ ラス・パロマス農園、ケニア キアンゴイ・ウェットミルのコーヒーを紹介しましたが、新入荷のコーヒーが続きます。今日はエルサルバドルとエチオピアからです。

まずは、エルサルバドル シベリア農園の豆から。
image

写真は昨年7月にシベリア農園を所有するシルバさんファミリーを訪問したときのものです。ドライミルに併設されたラボにて。後ろの壁にCup of Excellenceのロゴマークが入った麻袋が飾られていますが、シベリア農園は4度のCup of Excellence受賞歴がある優れた農園です。

農園名の「シベリア」は、アパネカ−ジャマテペック山系の中でも最も標高が高い農園の一つで、冷涼な気候でコーヒー生産が決して容易ではない環境であることことから、名づけられました。
農園主ラファエルさんは常に環境への配慮し、日々精選プロセスの向上を試みています。例えば、コーヒー果肉は全量ミミズコンポストに再利用されています。ここで育ったミミズは畑を耕すのに用いられるというサイクルです。

imageブルボン種の木

image

生産国:エルサルバドル
地域:チャルクァパ、オホ・デ・アグア
生産者:ラファエル・シルバ 
品種:ブルボン100%
標高:1450~1600メートル
生産処理方法:ハニープロセス(Pulped Natural)

収穫したコーヒーチェリーを果肉除去後、ムシラージ(粘液質)を残したままで乾燥させる生産処理方法…ハニープロセスで仕上げられています。

今回のシベリア農園のロットで特筆すべきは素晴らしくクリーンなこと。訪問時の2013年のロットより今回の2014年のロットでは明らかに向上が見られます。選果、乾燥、選別あらゆる行程における丁寧な仕事ぶりが伺えます。穏やかな花のアロマ、ドライフルーツやハチミツ、バニラ、キャラメルのような甘い風味、口当たりはシロップの様にトロンとした感覚さえ与えてくれます。

・El Salvador  Finca  La Siberia  Bourbon  Honey  200g

・El Salvador  Finca  La Siberia  Bourbon  Honey  400g

続いてエチオピア イルガチェフェ コチェレ ナチュラルについて。

image

生産国:エチオピア
地域:イルガチェフェ、コチェレ地区
標高:1900メートル
品種:在来種
生産処理方法:ナチュラル
規格:G−1

収穫したコーヒーチェリーを果肉除去を行わずそのまま(アフリカンベッドにて)乾燥させる生産処理方法…ナチュラルプロセスで仕立てられています。

果実感を強く感じさせるのがナチュラルプロセスのコーヒーの特徴ですが、このKochere Yirgacheffe Naturalは濁りのないクリーンな液体でありながら、とりわけ濃密かつ複雑な風味を持ちます。フローラルなアロマ、ピーチやブラックベリー、グレープジュースのような甘さの感覚は1度は味わってほしい素晴らしいコーヒーです。

・Ethiopia  Yirgacheffe  Kochere  Natural  200g 

・Ethiopia  Yirgacheffe  Kochere  Natural  400g 

お試しください!

新入荷 グァテマラ&ケニア

オーナー・森です。
2014年収穫のコーヒーが続々と入荷してきている今、入れ替わりの多い当店のラインナップですが、その中からグァテマラ、ケニア産の豆の紹介です。

まずは、グァテマラ ラス・パロマス農園の豆から。
今年の現地買付けロットとして真っ先に入荷したのがこのコーヒーです。

image

上の写真は今年の3月、買付けに赴いたグァテマラ、アンティグアに位置するドライミル(原料の保管、脱殻等を行う精選処理場)でのカッピングの様子です。今回のラス・パロマス農園はたくさんのコーヒーの中からカップテストにより選んだものですが、こちらのドライミルでの40数ロットの中で最も気に入ったコーヒーです。

しかし、純粋に味だけで選んだコーヒーで現時点では詳細な農園の情報は入ってきていません。Huehuetenango(ウエウエテナンゴ)エリアのラス・パロマス農園のコーヒーです。ちなみにラス・パロマスとは”鳩”の意味、スペイン語でPaloma(鳩)の複数形ですね。厨房機器のパロマでお馴染みです。

image

風味の特徴…派手なタイプでは無いのですが、優れたバランスのコーヒーです。チョコレートやイチジクのようなじんわり染みてくる甘さ、丸みのある口当たり、洗練された味わいのコーヒーです。

・Guatemala  Las Palomas  200g

Guatemala  Las Palomas  400g

現在、中煎り、深煎りの2種のローストでラインナップしています。

・Guatemala  Las Palomas  dark roast  200g

・Guatemala  Las Palomas  dark roast  400g

続いてケニアのコーヒーです。

ルンゲト生産者共同組合の所有するKiangoi  wet millにて生産処理された秀逸なコーヒーです。 

image

所有者 : Rungeto Farmers Cooperative Society
位置 : Rungeto, Ngariama, Kiamutugu, Kirinyaga East, Central Province, Kenya
標高 : 1,750 ~ 1,850 m
平均年間降水量 : 1,300~1,800mm
平均農園面積 : 0.24 ha / 1 farmer
生産処理方法 : Fully Washed
品種 : SL 28, SL 34, Ruiru 11

風味の特徴…流石ケニア産コーヒーらしく、香り、味わいともにボリューム感のある味わいです。フローラルなアロマ、ライムやカシス様の風味、複雑な酸が素晴らしいコーヒーです。

・Kenya  Kiangoi  wet mill  200g

・Kenya  Kiangoi  wet mill  400g

是非お試しください。