Peru でブログ再開!?

さてさてブログを開いて見ると最終更新から三年以上経っている訳です、なんてことでしょう!

Cup of Excellence に参加し落札したペルーのコーヒーをリリースしました。

・Cup of Excellence Peru 2018 #4 Finca Candelaria

ペルーの首都 リマで行われた Cup of Excellence 品評会の審査員として参加、そのあと産地行き、大変な旅だった訳ですが、忘れる前に少し振り返りたいと思います。

Cup of Excellence 自体はこのとき2回目の参加、最初は6年前、オブザーバーとして参加したグァテマラでした。開業前にニカラグアを中心に中米に約3ヶ月滞在しましたが、それに先立って参加したのがGuatemala COEでした。それから5年ぶり、2回目のCOEがペルー、そしてペルー自体は初めてでした。以下、COEの模様です。

IMG_5543

IMG_5678

IMG_5680

IMG_5546

IMG_5537

IMG_5646

IMG_5649

IMG_5664

IMG_5671

受賞者発表のセレモニーは感動的でした。市街の観光地の写真も少々。

IMG_5561

IMG_5581

古いエスプレッソマシンもあったり。80歳超えて現役!

IMG_5585

IMG_5587

当店ではここ数年、ボリビアにほど近い Puno(プーノ)県サンディア渓谷のコーヒーを取扱いしています。
落札した4位のコーヒーもプーノ県サンディア渓谷アルトイナンバリという場所のそれで、ここにはポテンシャルに満ちた素晴らしいコーヒーがあります。COEへの出品数は少なく全体の2.5% に過ぎないのですが、インターナショナルのセレクションにおいては 11%以上のコーヒーがPuno県産です。他は落ちてもプーノのコーヒーは優秀で落ちない、この数字にポテンシャルの高さが表れています。ではなぜ出品数が少ないのか?ポテンシャルを秘めた土地ながらもロジスティクスに難ありなわけです。これは体験してきました。COE が行われたリマから飛行機でプーノ県の都市、フリアカへ。ここはチチカカ湖近くで有名です。海抜100m程度から一気に3826m。富士山頂を超える標高に降り立ちました。

IMG_5690

IMG_5692

IMG_5693

IMG_5695

一気に荒涼感漂う風景、好きです。チチカカ湖も訪れました。今なお葦で作った浮き島で人々が生活しています。

LRG_DSC09574

LRG_DSC09591

IMG_5721

LRG_DSC09600

LRG_DSC09601

サンディア渓谷を目指します。

IMG_5800

IMG_5805

IMG_5811

最高地点 4707m! ここを超えていかないと行けないのです。帰りは吹雪でした!

IMG_5816

IMG_5818

IMG_5866

バリバリなデスロード。コーヒーマンにとっては有名なボリビアのそれより危ないとか…、こんなとこをかなりのスピードで往きます。

IMG_5819

IMG_5826

IMG_5828

リャマです。アルパカもいっぱい居ました。地理の授業で習いましたね!

IMG_5859

インカの末裔が暮らす集落、Cuyocuyo を抜けて。

IMG_5821

IMG_5824

IMG_5830

IMG_5831

サンディアの街に辿り着きます。標高は一気に800m程まで降ります。蒸し暑く南国感、ギャップがすごいんです。。

IMG_5837

IMG_5845

生産者を訪ねました。

IMG_5842

IMG_5850

IMG_5851

IMG_5853

お世話になっている地元の農協 CECOVASA を訪ねました。

IMG_5870

IMG_5874

残念ながらこの時買い付けたはずの豆は届きませんでした。財政状況が厳しく生産者は他に売ってしまったのです。昨年から継続して購入したロットも…。

こんな風に大変なところですが素晴らしい環境があり、熱心にコーヒーを作っている生産者がいます。当店でリリースするプーノ県サンディア渓谷のコーヒーはリリース中のCOE #4 Finca Candelaria ともう1ロットの予定です。是非みなさんに手にとって欲しいです。

IMG_5858

NEW 4!

ここ数日の間に4種のコーヒーがニューリリースとなりました。

迷わせてしまいますが色々試してほしいですね、少しづつ紹介します。

・El Salvador Finca Santa Elena
102781643

2015年4月、中米・エルサルバドルにて買い付けたロットになります。

コアテペケ湖を望むサンタアナ火山の麓、約60年前にリマファミリーによりはじめられたサンタエレナ農園。同農園は2006年のサンタアナ火山の大噴火による降灰で甚大な被害を受けました。しかし、降灰により地中に豊富な養分を蓄えることができ、新しく有機栽培の農園として生まれ変わりました。
過去カップオブエクセレンスにおいて7回の入賞、2014年にはレインフォレストアライアンスの中米カリブのベスト10農園に選ばれるなど中南米屈指の有機農園となりました。また特筆すべきは、古いコーヒーの木の多い農園ということです。若い木の方が良いという生産者が殆どな中(生産量がどうしても落ちてくることによる部分があると思います)、リマさんは古い木のほうがテイストにおいては優れていると言い、これを大事に良く手入れされています。ワインにおけるぶどう栽培と同じような考え方をされていると思います。

DSC02554
農園から、良い眺めです。

農園主:Fernando Lima
農園名 : Santa Elena
生産地域:Palo de Campana, Santa Ana
生産国:El Salvador
標高:1,500m-1,800m
品種:Bourbon, Pacas, Caturra
生産処理方法:Fully Washed

フレーバープロファイル:Caramel, Milk chocolate, Mandarin orange, Brown sugar, Velvety, Sweet body, Sophisticated

甘く滑らかな口当たりが素晴らしく温州みかんのような柔らかい果実感のニュアンス、ハニーナッツ、ブラウンシュガーのような優しい甘さが広がります。洗練された上質さ、飲み心地の良さを実感でできるコーヒーです。そしてこれらは有機栽培や古木が多い事と無関係ではないと思えます。

・El Salvador Finca San Cayetano Pacamara
kore

同じく2015年4月エルサルバドルでの買付けロットですが生産エリアや農園主、品種が異なります。

中米のエルサルバドル、アパネカ-イラマテペック山系に位置、ラファエル・シルヴァさん一家が所有する7ha程の小さな農園ですが、ブルボン種が主体でパカマラ種は僅かな生産に限られています。
パカマラ種の当店での取扱いは久々ですね、大粒でエキゾチックな風味があり人気です。グァテマラのインヘルト農園で一躍有名になりましたが、パカマラ種の生まれ故郷はエルサルバドル、本家の味!?を楽しんで頂きたいです。

特筆すべきは生産者SiCafeのプロセスの丁寧さ。熟度が高く、クリーンな味わいを裏切る事がありません。また、農園主ラファエルさんは常に環境への配慮し、日々精選プロセスの向上を試みています。例えば、コーヒー果肉は全量ミミズコンポストに再利用されています。ここで育ったミミズは畑を耕すのに用いられるというサイクルです。

IMG_1994_2
パカマラ種の木

生産者:SiCafe(Rafael Silva)
生産地域:Apaneca, Ahuachapan
品種:Pacamara
標高:1,400m
生産処理方法:Washed
フレーバープロファイル : Floral, Grape, Pineapple, Cacao, Rich body, Long lasting

フローラルな印象から、グレープやパイナップルなどのフルーツの印象に続きます。しっかりとした酸の印象と共にボリュームのある甘さがあり良いバランスです。

・Mexico Pante Suspiro, Finca Santa Teresa “ROASTY”
capimseco6

メキシコはチアパス州コンコルディア集落に位置するサンタテレサ農園、集落の奥まった標高の高い所に位置し、背後には標高2,250mの山があり、そこから流れてくる潤沢な水に恵まれています。
この農園は300haの土地がある比較的大きな規模の農園ですが、この内コーヒーが植えられているのが120ha、これ以外の場所は自然林が保護されています。この自然が農園内の動植物のバランスを保つ役割を果たしています。

“Pante” とはエリアの意味、従来より12のエリアに分かれていた同農園、各エリアのポテンシャルを見るため、昨年初めてエリア毎に収穫し、一番テイストにおいて優れていたのがこの “Pante Suspiro” です。

*この農園では完全完熟チェリーだけを摘み取るように指導しています。このためメキシコのピッカーの平均賃金より5%高い賃金を払っています。

IMG_0292

区画:Suspiro
農園名:Santa Teresa
農園主:AMSA(Manager : Gerson Ortiz)
生産地域:Concordia, Chiapas
生産国:Mexico
標高:1,300~1,528m
品種:Mundo Novo, Pacas, Yellow Caturra
生産処理方法:Fully Washed
フレーバープロファイル:Floral, Chocolate, Caramel, Citrus, Cashew nut, Bright & Rich mouthfeel, Well balance

飲み口から後味まで一貫したチョコレート感にフローラルや柑橘の爽やかさが彩り重層的です。口当たりに厚みがあり、シンプルに美味しいと思わせるバランスの良さがあります。派手なフレーバーはありませんが毎日飽きずに楽しんで頂けるコーヒーです。

・Colombia Finca La Palma “Dark roast”
palma6

ウイラ県南部サンアグスティン市にある5ヘクタールの家族農園のマイクロロット。
サンアグスティン生まれのマルティニアーノ。父親もコーヒー農家で、幼い時からコーヒー栽培を身近に見ながら育ってきました。麻薬組織とコロンビア政府軍の内戦時には、家族を養うため、別の土地で暮らしていたこともありましたが、6年前に自然環境保護団体の協力もあり、譲り受けた土地へ戻ってきました。現在は妻と二人の子供と一緒に農園内に小さいながらも自分の家を建てて暮らしています。二人の子供たちは学校から帰ると父親を手伝って、将来のコーヒー生産者へと成長していき、何世代にもわたって受け継がれていくのです。

21258

農園名 : La Palma
生産者 : Martiano Ollos, Anatolia Ollos
生産国 : Colombia
位置 : Vereda la Argentina, San Agustin, Huila
標高 : 1,800m
農園面積 : 5ha
品種 : Bourbon, Caturra
生産処理 : Fully Washed

コロンビア、ウィラ地区の中でも伝統的な品種や土壌の残るエリア、綺麗な味わいの中にジャスミンのようなフローラル、ラズベリー、柑橘の香りが溢れています。

*本商品はダークローストです。
素材とローストにより、熟したベリーやキャラメルのような甘い香味、カカオ分の高いチョコレートのようなボディや後味に仕上がっています。深煎りにおいても大事なのは素材の力、ローストに負けない力強い個性を持ったコーヒーです。

連休中の営業日について

IMG_2844
新緑の美しい季節になりました。
お店に植えているコーヒーの木も新しい葉が出ました。

2016年の連休中の営業日についてのご案内です。
今年も例年通り連休最終日(5/5)のみお休みです。
また、4/29は営業いたします。

4/29(祝・金)臨時営業
4/30(土)通常営業
5/1(日)通常営業
5/2(月)通常営業
5/3(祝・火)臨時営業 (東急ハンズ松山店に出店)
5/4(祝・水)臨時営業 (東急ハンズ松山店に出店)
5/5(祝・木)定休日 (東急ハンズ松山店に出店)

それから、東急ハンズ松山店さんにお誘いを受けて
連休中は『第1弾!パン・スイーツ&コーヒー部』というイベントで
コーヒーを淹れています。もちろんコーヒー豆も販売しています。
期間中限定のブレンドもご用意しておりますのでぜひお越しください
https://www.facebook.com/events/1685392571738406/

cafevino La Siberia

しばらく完売状態のcafevino でしたがようやくニューラインナップのリリースです。

_DSC0049

今回の La Siberia は2015年4月に訪ねたシベリア農園からの買付けロットで作りました。ラベルは農園名のシベリアの極寒のイメージと農園のある中米・エルサルバドルの抜けるような空の青、その対極のイメージを混ざり合わさったものにしたいと試みました。農園内の建物のレンガを青く塗った壁、木彫りのロゴ体をモチーフとしています。

_DSC0009

_DSC0022-2

農園名の「シベリア」は、エルサルバドル、アパネカージャマテペック山系の中でも最も標高が高い農園の一つで、冷涼な気候でコーヒー生産が決して容易ではない環境であることから、名づけられました。
このコーヒーはフルーティな味わいを引き出しやすいナチュラルプロセスにて仕立てられていますが、同プロセスとは思えない程の透明感ある味わいは、清潔・丁寧な生産処理が特長の当農園ならでは。ラファエルさんファミリーの豊かな暮らしぶりからも見てとれます。
ブルーベリーのようなアロマ、コニャックを思わす甘さの持続感、ナッツ様のボディ、それらが絶妙にバランスした素晴らしいコーヒーです。

cafevino…
「コーヒーもワインのように作り手や土地が表現されるべき」
そんな思いから始まった cafevino
コーヒーカウンティによるカフェヴィノのための独自のロースティング、
抽出により個性を引き出し、ボトリングに至るまで細心の注意が払われています。
まずは一杯のグラスに注ぎ個性を感じてみてください。

_DSC0044

ON THE ROCKでアイスコーヒー風に愉しむのもおすすめです。

・cafevino La Siberia 720ml
・cafevino + glass gift box
・cafevino 2bottle gift box